読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フォールディングバイクが欲しい!!

フォールディングバイクとは何ぞやと思う方もおるかと思いますが要するにフォールディング(折りたたまれる)バイク(自転車)です。

折りたたみ自転車。
 

最近急に欲しくなってきてしまって・・・今回の原因はまぁ例の如く例によって

f:id:f_jiro:20120605000440j:plain


今度は「アオバ自転車店」の影響です!!
「漫画に影響を受けやすい、形から入る男たぁわいのことや!!」\ドンッ/(イニDにドハマりしなくてよかったヨネ)
 
この漫画ですが折りたたみ自転車に限った話じゃなくて読むとただのママチャリすら魅力的に思えてくる。
いろーーーーんな自転車の話が読み切り形式で載ってます。そして泣ける。
マジオススメ度☆5つです。そのうち気が向いたら自転車漫画紹介記事とか書こうかな・・・。
 
 
そこでつい先日(6月2日)に横浜にあるグリーンサイクルステーション(通称GCS)にお邪魔してきました。
ミニベロやフォールディングバイクを中心に扱っているオサレなお店です。 
 
BD-1やBromptonなど有名どこの折りたたみ自転車いろいろ置いてありましたが今回狙っていた子はPacific Carryme。
二台ほど試乗させてもらいました。
そんなこんなでCarrymeファーストインプレッション。
(去年のサイクルモードで試乗した気がするんだけどどうだったかな・・・)
 

f:id:f_jiro:20120605000842j:plain

写真左のオレンジのやつが変速機能のないCarryme V、
右のグレーっぽいほうが変速機能付(見た目じゃわからないけど)のCarryme DS-V。
嫁(仮)と一緒に行ったので二台を途中で交代しつつ。
 
はじめDS-Vのほうを試乗したんですがこの変速方法がまた変わっていてペダルのクランクを足のかかとでパーン!と叩くとギアが変わります。馬かっ!
 
左でパーンッ!するとギアが重くなり右でパーンッ!するとギアが軽くなる。
だいたいこれ重いほうの一漕ぎ分が軽い方の2倍近く進みます。その反面漕ぐのが重くてすごく疲れる。
加速乗ってるときにパーンッしてそのままスプリント勝負でもしない限り使い道はなさそうな感じがします。
停車して発進時は軽くしておかないとバランス崩して逆に危ない。
 
そしていつも手でギアを変えるのに慣れ過ぎていて足で変えるというのが大変。シフトするときまず足元を見てどっちの足でどう叩けばいいか確認。毎度こんなことやってたら事故りそうな気がするけど慣れたら見ないで「フンフフン♪」パーンッ!!みたいな感じで軽快にシフト出来そう。
止まる前にパーンッ!!進み始めてパーンッ!!あれ、楽しそうだぞ・・・?
(パーンッ!パーンッ!言ってますけど別にそんなに強く蹴る必要はない) 
 
その点を考えると普通の変速機能のないほうがこぐことと周囲に集中できるので安全ではあるかもしれません。ただペダル一漕ぎで3mちょっとしか進まないのでそんなに長い距離を走るのには向かない。
お客様は変速機能付より無しを選んで買ってくとお店の方も言っていました。
無いほうがカラーバリエーションも豊富ですし6万で買えますものね・・・。
 
 
そしてこのCarrry me。その辺の小経車よりもさらにタイヤが小さい極小経車であるため、タイヤの大きさが大人が手をパーに広げたくらいの大きさしかありません。
漕ぎ出したり止まったりがすごい軽い反面トップスピードは低いし段差にはめっぽう弱いしでけっこうデメリットもあります。
 
しかしたたんだ時のコンパクトっぷりがすごい!
折りたたみ自転車は横に折って正方形になるようにたたむタイプの自転車ではなく昔あったワンタッチピクニカのような縦に折りたたむタイプのが欲しかったのが今回Carrymeを選んだ一番の理由なので、お店の方がたたむのを実演してくれてるのを見てうぉーーーすげーーーー!!ってなってました。
"タイヤが小さい=折りたたんだ時すごいコンパクトにすることが出来る"というのは大きいメリットだと思います。
  
まぁともかくまず買うかどうかはまだ決めておらず、今週の6月9日(土)はMINI LOVE(小径車だけのイベント)もあるのでそれが終わってから決めようかなという感じでとりあえずこの場で買うのは保留に。
 
まずなんのために買うのか、買って折りたたむ必要性はあるのか、そのあたりから決めていかないといけません。
 
折りたためない普通のミニベロやピストバイクなどは買うと今持っているロードと用途がかなり被ってきてしまうため買いませんがフォールディングバイクになるとまた新しい使い道が出来てくるのが自分のチャリ欲をビシビシ刺激してくるのです。
普段着の恰好で乗り回せるし電車に(袋をかぶせれば)簡単に乗せられます。座席に座った時、足と足の間に挟んで置いておくことが出来ます。これはコンパクトに折りたためないと出来ない芸当です。
 
今のところ「Carryme持ってどこか旅行に行って観光地をぶらっと自転車で巡る」くらいの使い道しか出てこないのでもっとどういう風に乗っていきたいかが決まったら買おうかなーと思います。
近場の買い物などはママチャリでいいし「うーんうーん・・・」と頭を抱える一方です・・・。
でも買ったら一緒にオサレなメッセンジャーバッグとかも買ってしまいます・・・欲しい・・・。
 
 あ、
 
でも本当はPacificのIF MODE Vというのが欲しいんです・・・しかしながら定価が25万オーバーのため断念せざるをえない。
フルカーボンロードレーサー以上の値段をはたいて買う折りたたみ自転車とは・・・。
どんなのか気になる方はこちらのようつべの動画でも見てください、正直もうすこしこれが安かったら買ってた。まさにトランスフォーム。